Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

2014年末から15年にかけ、読者諸兄のグルメ事情を賑(にぎ)わす
魅惑のレストランのオープンが相次いでいる。
他の店とは一線を画し、特筆すべき個性を放つ店の数々は、
必ずや2015年の“顔”となるはず。
未来の名店へと飛躍する美食店はここから生まれます。

飛躍を遂げる期待の新星

「こいつ、デキる」と感じさせる、ビジネス向け和食の切札。


(炭火割烹 白坂)-1


炭火割烹 白坂

Sumibikappo Shirosaska


賑やかな赤坂通りの1本裏手、通称“裏赤坂”に、
楚々とした佇まいを見せる日本家屋の一軒家──ここが『炭火割烹 白坂』。

古い民家を改装し、2014年の11月に暖簾(のれん)を掲げた、
粋な大人のための隠れ家です。

入口までのアプローチに点々と灯る足灯籠に誘われるまま、
白い暖簾をくぐれば、どっしりとした山桜のカウンターが出迎えてくれる。
大きくとったガラス窓の向こうには、小さいながらも、
日本庭園が仄(ほの)かな光とともに浮かび上がり、幻想的な空間を演出。
非日常のひと時を、よりいっそう際立たせている。

カウンターでひとり、黙々と料理をつくるのは、店主の井伊秀樹氏。
39歳ながらも、世界的に有名なシドニーのレストラン『テツヤズ』で約5年間修業。
副料理長として腕を揮(ふる)った経歴を持つ。
だが、その目指すところは、あくまでも基本の和食。

「大切なのは素材。創作料理ではなく、和食の原点に立ち返って料理を作りたい」
とは井伊氏。
しかし、着地点は和食であっても、その素材の持ち味を最大限に生かすため、
必要ならば洋の手法を用いることも辞さない。
それが氏のスタンスなのだ。
例えば、強肴(しいざかな)の黒豚のひと皿。
豚バラ肉の脂っこさは取り除きつつ、肉のパサつきを防ぐため、
フレンチで時折使われる真空調理法を応用。
低温でゆっくり火を入れ、肉全体をしっとりと仕上げている。
また、おつく りも切りつけた刺身をただ盛りつけるのではなく、
鮪は漬けに、鯖は軽く締めて胡麻和えにするなど、ひと手間かけて提供。
オーソドックスなスタイルのなかにも新味を取り入れようとの試みに、
氏の意欲が感じられる。

先附(さきづけ)からデザートまで全8品から。
この充実した内容と居心地のよさで、コース6800円はまさにお値打ち。
個室もあり、プライベートに接待にと使い勝手も上々。
リストに加えておきたいニューフェイスです。


(炭火割烹 白坂)-2

1.お刺身代わりの鯖の胡麻よごし


(炭火割烹 白坂)-3

2.かぶと百合根のすり流し


(炭火割烹 白坂)-4

3.野菜のグリルと鹿児島黒豚の炭火焼。
茹(ゆ)でたバラ肉を炭火で炙って紅芋酢に漬けた大根で巻き、
金山寺味噌を乗せている


(炭火割烹 白坂)-5

4.新潟は下田村のコシヒカリで炊き上げた銀しゃり。
料理はすべて¥6,800のコースより


(炭火割烹 白坂)-6

臨場感溢(あふ)れるカウンター


(炭火割烹 白坂)-7

隠れ家感いっぱいのアプローチ


(炭火割烹 白坂)-8

店主の井伊秀樹氏(左)と番頭の海東高太氏(右)


(炭火割烹 白坂)-9

接待にも向く個室


炭火割烹 白坂
(Facebook)

住所:東京都港区赤坂6-3-9
電話:03-5797-7066
営業時間:17:30~23:00
定休日:日曜





当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。