Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

色があえてにじみ出てくる植木鉢カバーが好調

水やりをするとさまざまな色がにじみ出てくる紙製の植木鉢カバーが
CMY(シミィ)/POT」が好調です。
同製品を制作する福永紙工(東京都立川市)によ れば、
2015年9~10月に渋谷ヒカリエで開催された新製品発表の展示会中、
同社の既存の紙製品の2倍にあたる200セットが売れたという。


「CMY(シミィ) POT」-1
「CMY(シミィ)/POT」880円(1枚)。
カバー内寸は口径130mm、底直径 90mm、高さ 107mm


「CMY(シミィ) POT」-2
水やりをしてからポットカバー全体に色がつくまで、1時間程かかる

同社では紙の新たな可能性を追求するプロジェクト、かみの工作所を運営し、
毎年テーマを決めて展示会を行っている。
CMT/POTは展示会の2015年のテーマ「動く」に合わせて
アートディレクターの原田祐馬氏が考案。
印刷した紙が水でぬれると水性インクの色が分解される仕組みを利用した。
にじみ具合はインクの色、メーカー、紙の種類、形、温度や湿度などによって、
変わってくるため試行錯誤したという。

「一つの色がどんな組み合わせでできているかは、普段は意識しない。
この製品では、印刷された一つの色を構成するさまざまな色がにじみ出てくるのが
新鮮なのでは」(かみの工作所 広報担当 山田祥子氏)。
購入者からは「子どものころの水塗り絵を思い出した」
という声も多く寄せられているそうです。
またクリエ イターからは、印刷現場では
NGである“にじみ”を逆手にとった製品として驚かれているという。

カラーバリエーションは「NAMI C100Y100」「NAMI C20M50Y100」
「STRAIGHT M100Y100」「STRAIGHT C100M85Y60」の4種類。
同じ色でもにじみ具合には個体差があるそうで、あえて同色を複数購入し、
その違いを楽しむ人もいる。
全国各地のセレクト ショップ、ミュージアムショップ、
福永紙工のネットショップ「かみぐ」で販売中。

お勧めですよ!




当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。