Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

岐阜で名声を轟かせた中華の名店
世界の誇る美食の聖地・銀座へ!



(フルタ)-1


(フルタ)-2


(フルタ)-3


フルタ

Furuta



36年前、22歳で独立。その後、先鋭的中華の先駆けとして
一躍名を馳(は)せた古田等シェフ。
美食家らがこぞって足を運んだ岐阜『開化亭』のオーナーシェフです。
その彼が、昨年の12月、新たな挑戦の場として、本物を知る街、銀座に進出した。

「干し鮑(あわび)のような高級乾貨(かんか)や熊の掌といった
中華の神髄ともいえる素材を用いた料理を含め、
自分がつくっていきたい料理を受け止めてくれる場所は……」そう考えた末の決断だった。
自らの名を冠した店名からも、その気概のほどがうかがえよう。

一枚板のカウンターが清々(すがすが)しい店内は、
シンプルながら本物の贅沢とは何かを感じさせる上質な空間。
ベルーガキャビアの冷製ビーフンといった、 岐阜時代からの名物料理に加え、
ここではブルーオマール海老の上湯(しゃんたん)炒めや乳のみ仔羊など、
フレンチ顔負けの食材が、独創性溢(あふ)れる中華となって登場する。
四川料理をベースとしつつも、その発想は実にしなやか。
天性のセンスと技術力から生まれる新たな美味に期待したい。


(フルタ)-4

ブルターニュ産ブルーオマール海老の上湯炒め。
素材の持ち味を生かした逸品


(フルタ)-5

古田等シェフ

1956年生まれ。
岐阜の四川料理店『平和園』での修業を経て、78年に『開化亭』を開店。
89年頃から始めた先鋭的な料理手法に注目が集まりトップシェフに。
2014年12月、『Furuta』をオープン


(フルタ)-6

半熟ピータンとホタルイカ。
黒酢のゼリーがアクセントに


(フルタ)-7

仔羊のフィレキャラメルソース。
肉とソースの甘みがフワッと広がる


フルタ

住所:東京都中央区銀座1-21-14
電話:03-3535-5550
営業時間:17:00~L.O.20:30
定休日:日曜・月曜




当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。