Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の話題

Posted by Azumi on   0 comments

“団地暮らし”を楽しむための専門書が話題に

東京R不動産(東京都渋谷区)とUR都市機構による、
団地での暮らしにフォーカスした書籍『
団地を楽しむ教科書 暮らしと。』が
話題を集めている。
出版元の青幻舎(京都府京都市)の広報、新庄清二氏によると、
2015年3月の発売後、新生活スタートの時期にも重なり評判が広がったという。
同書では神代団地(東京都調布市)、館ヶ丘団地(東京都八王子市)、
みさと団地(埼玉県三郷市)、谷津パークタウン(千葉県習志野 市)など
関東近県の団地を取材。
その中に広がる自然や部屋のつくり、敷地内にある幼稚園や商店街などの
取り組みの実例をテーマごとに分けて紹介している。


『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』
『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』
(東京R不動産+UR都市機構著/青幻舎刊/1500円)

もとは東京R不動産が運営する団地紹介サイト、
団地R不動産がUR都市機構とともに作ってきた蛇腹タイプのフリーペーパーです。
好評だったこのフリーペー パーのコンテンツを大幅に増やして書籍化。
カラー写真を多く収録し、オールカラーの写真集のような作りにしている。
カメラマンも平野太呂氏や浅田政志氏など、今注目の若手を起用。
堀道広氏によるマンガや、山口洋佑氏のイラストなども人気の秘密になっている。

「団地には、子どもからお年寄りまであらゆる世代が同じ敷地内に暮らし、
豊かな自然や公園などの共同スペースもある。
近所との交流が希薄になっている今、
当たり前にコミュニティーがある団地が見直されている」(新庄氏)という。
団地に住み始める際に知っておきたいポイントが分かりやすくまとめられており、
団地初心者向けの教科書としても活用されているようです。

お勧めですよ!




当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。