Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

デジタル名刺ホルダー3世代目にタッチパネル搭載

キングジム(東京都千代田区)が2015年8月28日に、
名刺をデジタル管理する「ピットレック」の3世代目として
タッチパネルを搭載した新モデルを発売した。
従来品の十字キーではなくタッチパネルによるダイレクトな操作を行うことで、
目的の名刺へアクセスしやすくなるなど操作性の向上を目指した製品で、
発表直後からメディアの取材依頼が相次いでいるという。


「ピットレック DNH20」
「ピットレック DNH20」。
登録可能な名刺のサイズは最大で91mm×55mm(厚さ0.7mm)で、
小さい名刺の読み取りを補助する「名刺スペーサー」も付属する。
3万7000円

ピットレックは2010年に初代が登場して以来、人気を集めてきた。
今回の新型では3.5インチのタッチパネル液晶画面を使った
タップやスクロール操作や、登録済みの名刺に相手の特徴や似顔絵などを
指やタッチペン(別売り)で記入できる「手描きメモ機能」が付いた。

本体を起動後、スリットに名刺をセットしてシャッターアイコンを押すと
光学文字認識(OCR)機能によりテキスト化され、
本体でそのまま名刺を閲覧、検索できる。
検索方法は会社名順や指名順、登録日順などの従来の項目に
「会った日順」を今モデルから追加。
相手のデータに「会った日」を登録することで、
面会頻度の高い順に優先して表示される仕組みになっているという。

ターゲットはビジネスパーソン全般だが「企業の社長などの重役クラスが、
秘書にピットレックを使って名刺管理を依頼するケースもある」(キングジム担当者)。
同社のオフィシャルサイトで無償提供されている名刺管理ソフトを使って
Excel用の形式やCSV形式で書き出すこともできるので、
年賀状などの作成にも便利だという。

本体内で保存可能な名刺の枚数は約5000枚(microSDカード2GB使用時)。
文具店や家電量販店、インターネットの通販サイトなどで取り扱い予定で、
初年度の販売目標は1万5000台。

お勧めですよ!




当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。