Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

北新地 懐

Kitashinnchi Kai


限られて者のみ扉を開く店

基本、一見さんお断り。
要紹介制の洋食店が、今年2月、北新地にデビューを果たした。
煉瓦(れんが)窯で焼く高級ステーキで一世を風靡した
『北新地 福多亭』の新展開となる期待店。
今回、有難いことに「ゲーテで見た」と予約すれば5月末まで、その門戸は開かれる。

店内はラグジュアリーなシャンパンバーか、ハイエンド・フレンチといった趣で、
ウォール街の大物が、シガーをくゆらせていそうな空間です。

料理は21時までは8,500円(全7品)のコースのみ。
シェフの田中英彦さんは、かつてフランス人オーナーシェフが率いた
レストラン『フィリップ・オブ ロン』出身。
例えばハヤシライスを煮込むのにボルドーの気鋭、
シャトー・プピーユをたっぷり使うなど、贅を尽くしたレシピでコースを仕立てる。
また、全 12席のフロアに対し、3名のソムリエが控えるなど、行き届いたサービスも快適。
知っておけば、とっておきの切り札となることは、確実です。


(北新地 懐)-1


(北新地 懐)-2

1.赤ワインに合うハヤシライス
芯の太い旨みが圧巻。
クリストフルのスプーンでいただく


(北新地 懐)-3

2.熊本産天然活け車エビフライ(時価)


(北新地 懐)-4

3.名物、佐賀産黒毛和牛A5フィレの極厚ビーフカツレツ


(北新地 懐)-5

スパゲティナポリタン-懐スタイル
パンチェッタと特製ソースが決め手


(北新地 懐)-6

壁一面がセラー


(北新地 懐)-7

シェフの田中さん。
デミだけでなく、ウスターソースも自家製


北新地 懐
(Facebook)

住所:大阪市北区曽根崎新地1-6-1 ENISHI北新地ビル2階
電話:06-6341-8866
営業時間:18:00~L.O.翌2:30
定休日:日曜




当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。