Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

ビーフシチューにオムライス、グラタン……。
今も昔も、誰もが愛してやまないメニュー。
幼少の頃、親に連れられ初めて食べたあの懐かしい味。
今宵はそんな、ノスタルジックでいて、
いつの時代も新しい“洋食”の世界へご案内します。

知っていると一目置かれる秘密の店。
こっそり教えます。


SALON 1950

サロン 1950


老舗の味を継承した看板のない店


(SALON 1950)-1

ゲーテ読者のなかには、幼き頃、両親に連れられ、
銀座の洋食店で食事をしたという思い出がある人も多いだろう。
あの頃の、いや、それにも勝る高揚感を味わえる店が、誕生した。

銀座洋食の元祖『銀座キャンドル』がビルの建て替えで閉店したのは2014年末。
川端康成や三島由紀夫といった多くの著名人が通ったことでも知られる伝説の店が、
店名とコンセプトを一新し、再スタートを切った。
『銀座キャンドル』時代の主要メンバーによる店の名は『SALON 1950』。
ビルの地階の扉を開けると突如、その空間は現れる。

ワインカーヴに囲まれたキッチンの前には最大14名まで着席できる1枚板の大テーブル。
1万円のコースが基本で、前菜からデザートまで10品以上の料理を楽しむことができる。
名物のチキンバスケットやグラタンはもちろん、ゲストの要望に応じて、
臨機応変にメニューを構成するというのも嬉しい限り。

進化した名店の“今”の姿は、圧倒的な感動を呼ぶだろう。


(SALON 1950)-2

コースにはアルコールやソフトドリンクも含まれる。

1.『銀座キャンドル』発祥のチキンバスケット


(SALON 1950)-3

2.カニみそグラタン。
濃厚な味わいに思わず頬が緩む


(SALON 1950)-4

3.前菜の黒毛和牛サーロインのカツやコンソメスープなど。
ひと口サイズで提供


(SALON 1950)-5

カッシーナ製のモダンチェアが重厚感のある空間に溶けこむ


(SALON 1950)-6

パイ・ア・ラ・モード。
幸福な味わい


(SALON 1950)-7

『キャンドル』時代から厨房に立つ井浦聡司さん。
2015年で34年目!


SALON 1950
(Facebook)

住所:東京都中央区銀座6-2-10 合同ビルディングB1
電話:03-3573-5091
営業時間:18:00~23:00
定休日:日曜・祝日




当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。