Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の話題

Posted by Azumi on   0 comments

「枯山水」様式の庭を造るボードゲームが話題に

美しい庭園を完成すれば勝ちというボードゲーム、「枯山水」が売れている。
2~4人で遊ぶこのゲームのゴールは、美しく洗練された枯山水の庭園を造ること。
プレイヤーは“禅僧”となり、寺院ボード1枚、庭園ボード4枚、砂紋タイル、
5つのタイプの石とカードと駒などを使用し、
庭園ボードに砂紋タイルやカードを配置していく。
波紋タイルの模様のつながりやそのカード上の苔の有無、
配置された石の種類や数などで加点される。


「枯山水」-1


「枯山水」-2

希望小売価格は7500円

2014年11月16日に、国内最大規模のアナログゲームイベント
「ゲームマーケット2014秋」の会場で発売され、
その後、ユーザーがSNS上に完成した庭の写真をアップするなど
ネット上で話題になった。
2015年2月末時点で850個を販売し、3月中に150個を出荷したが、
完売状態が続いている。

ゲームを開発したニューゲームズオーダー(東京都立川市)の吉田恒平氏によると、
現在、20~40代のボードゲームを楽しむ層が急増していて、
ゲームマー ケット2014秋の来場者数も、5年ほど前の約1000人から7000人に増加。
枯山水の購買者は、そうしたボードゲーム愛好者たちだという。

開発のきっかけは、ゲームルールの企画コンテスト
「東京ドイツゲーム賞」の大賞を受賞をしたこと。
同社では絶版となった名作海外ボードゲームの復刻を多数行い、
愛好家の要望に応えてきたが、国内ボードゲームが盛り上がる中、
次の一手としてオリジナルゲームを商品化した。

「日本独自のボードゲームはカードゲーム中心で、
プレイ時間も短時間のものが多いのです。
人気のヨーロッパのゲームのように、プレイ時間が1ゲーム60分 以上という長めの、
本格的なゲームにも大きな需要があると見込んでいました。
従来の若い愛好者に留まらず、中高年にも注目され広く好意的に受け入れられたのは、
枯山水というテーマだからだと思っています」(吉田氏)

ゲーム好き皆さまへ
お勧めですよ!





当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。