Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

新大阪駅構内の専門店で関西銘菓「うぐいすボール」が連日売り切れ

在来線の新大阪駅構内に、西日本の改札内商業施設としては最大規模となる
店舗面積約1800平米の「エキマルシェ新大阪」が2015年3月4日にオープン。
その中の1つ、植垣米菓(兵庫県神戸市)の初めての直営専門店で販売している
ショップ限定「うぐいすボール」が人気です。
オープン初日には開店前から大行列ができ、用意していた翌日分まで早々に完売。
その後もテレビなどメディアでの紹介も多く、
在庫を前倒しで店頭に並べても連日完売の状態だという。


「うぐいすボール」

パッケージも新たに用意。
新大阪駅構内の店舗ということもあり、
新幹線の乗車前にお土産物として買うのにも便利。
「わさび味や玉ねぎ味はアルコールにも合うので出張帰りのビジネスマンには
車中でも楽しんでほしい」とのこと

 うぐいすボールは、もち米を使ったかりんとう風のあられで、
関西では80年以上前から売られている、おなじみの銘菓。
以前からJRの新大阪駅などで、従来品を箱詰めにした土産用のパッケージ商品を
販売していたが、反応は芳しくなかったという。
しかし施設オープンに伴い、「関西色を打ち出した、新しい土産物を」と声がかかり、
2年かけて創業当時の手間暇をかけた伝統製法「手揚げ」を復活させ、
さらに新しい味を開発。
現在、関西の素材にこだわった「丹波黒大 豆のきなこ」「宇治の抹茶」
「紀州の南高梅」「安富町のゆず」「淡路の玉ねぎ」など
6種類の新フレーバーを販売している。

原材料も従来品よりさらにこだわっており、機械揚げの従来品に比べると
小ロットでしか生産できない。
このため1人3袋まで、量り売りは升2杯までの2袋までに個数制限を設け、
かつ整理券を配布して販売しているが、それでも入手困難になっているそうです。

袋入り480円、量り売り600円。

お勧めですよ!




当blogはFierfox 36.04で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。