Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の話題

Posted by Azumi on   0 comments

スターウォーズの名場面を例文にした英和辞典が好調な売れ行き

2015年末に最新作が公開予定の映画『スター・ウォーズ』シリーズ。
米国で1977年に公開されて以来多くのファンの心をつかんできた作品のうち、
旧3 部作に登場する劇中のせりふやスクリプト(脚本)に登場する英単語を収録した
初めての英和辞典『スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編』
(学研マー ケティング)が2014年11月27日に発売された。
予約段階からAmazonの英和辞典ベストセラーランキング1位になり、
発売後の売れ行きも好調だという。




『スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編』

収録されているイラストはルーカスフィルムの公認を受けている。
価格は1900円  TM & (c) 2014 Lucasfilm Ltd.

学研辞典編集部の担当編集者の芳賀靖彦氏は、
幼少期から熱烈なスター・ウォーズファンで、
本職の辞典編集のスキルを生かした“スター・ウォーズ辞典”を作るのが
長年の夢だったという。
そこで一般的な辞典制作時と同様に、
語彙・用例データベースとなる「コーパス」を作成し、劇中に登場する頻度の高い語を選定。
その中から、中学必修英単語を使った例文を抽出して採録した。
辞書は著作権の問題でどこかで使われた文章をそのまま勝手に
用例として掲載することはできない。
しかし、今回はスクリプト使用許諾を得て、生き生きとした用例を採録できたという。

「英語を身につけたいがきっかけがない、始めたけど続かないという人は多いが、
大好きな『スター・ウォーズ』で学べることは、大きなモチベーションになると思った。
また、映画を何度も見ていて、せりふをいくつか覚えてしまったというファンも多く、
英語学習との相性が良いと思った」(芳賀氏)

ファンが持つ世界感を崩さないように細部まで配慮し、
巻頭アルファベット表にはスター・ウォーズの世界の文字を収録、
巻末の索引には映画のエンディングと同様の文字色とキャスト順にするなど、
マニアに向けたネタもちりばめた。
また女性や子どもにも受け入れられやすいようにイラストを工夫しているという。
実際の購入者はやはりコアターゲットである40~50代の男性が多いが、
父親が購入したものを子ども読んだり、子どもから父親へのプレゼントに使われるなど、
世代を超えて理解できる1冊となっているようです。

「本書は入門編なので、『続編はないのか?』という問い合わせをたくさんいただいています。
現時点では、お伝えできる情報はありませんが、みなさまのフォースが強ければ、
きっと続編を手にできる日も来ると思います」(芳賀氏)

お勧めですよ!




当blogはFierfox 34.05で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。