Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

ダイヤルで紐を締めるウォーキングシューズがじわじわ売れている

手軽にフィットした状態で靴を履きたい。
そんなシンプルなニーズに応えたウォーキングシューズが売れている。




「IGNIOウォーキングシューズ」

サイズはメンズが23.5~30cm、レディースが21.5~25.5cm。
カラーはブラックとブラウン。
価格は6999円(税込み)

アルペンの「IGNIOウォーキングシューズ」は靴ひもの代わりのワイヤーと、
それを巻き取るためのダイヤルを備えた同社開発の「TGFダイヤル」を搭載。
履きぐち部近くに備えられたダイヤルを押し込みロックしてから、
時計回りに回し、好みのフィット感に締める。
緩めるときはダイヤルを引くだけなので、 “2秒で履いて、1秒で脱げる”という。

販売はスポーツデポやアルペンなどのロードサイド店舗が中心。
大々的な宣伝はしておらず、店頭でのプロモーションがメインながら、
2014年4月25日に発売して以来、ひとつの地域だけで約3500足が売れるなど、
じわじわと売り上げを伸ばしている。

アルペンのダイヤル機構を持つシューズは、
スノーボード・ブーツ市場で過半数のシェアを占め、
ゴルフシューズ市場でも急激にシェアを拡大してきたとう。
そこにさらに、自社で調査した約1万2000人の日本人の足型データをもとに、
メンズで3.5E、レディスで3.0Eという日本人の足型にフィットする靴幅の
製品を投入したことも好評の要因のようです。

生産を担う工場では当初、工員たちが
「こんな機械みたいな靴、作り方が複雑すぎて生産できない!」
との声が挙がったというほどのTGFダイヤル機構だが、 今やアルペンのヒット定番。
「今後はウォーキングシューズに限らず、
あらゆるシューズでTGFダイヤル式の展開を企画中」
(アルペン 商品第4部企画グ ループ 堺井四郎氏)。

これはいいよね!




当blogはFierfox 34.05で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。