Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

きなこ味の“甘いふりかけ”が売れている

はごろもフーズは2014年8月18日より、
フレークタイプで、ほんのり甘いきなこ味のふりかけ「きなこちゃん
きなこちゃんと黒ごまくん」の発売を開始。
売り上げは11月までの3カ月間で、予定比150%と好調に推移しているという。




「きなこちゃん」


「きなこちゃんと黒ごまくん」

「きなこちゃん」「きなこちゃんと黒ごまくん」(各24g/参考小売価格130円)。
パッケージには、開発メンバーの女性社員が
デザイナーにイメージを伝えるために描いたキャラクターが、そのまま採用された

同商品開発のきっかけは、「子供たちにもっとごはんをおいしく食べてほしい」と考えた
開発担当の女性社員が、幼少の頃からの大好物だった
「きなこかけごはん」に着目したこと。
同社初の女性中心の開発チームでこのふりかけを完成させたが、
当初、社内での評価は微妙だった。
社内にはきなこかけごはんを食べたことがある人はほとんどおらず、
「甘いふりかけ」に対しては「う~ん」と顔をしかめる男性社員も多かった。

しかしモニター調査では多くの子どもが「甘くておいしい!」と、好意的であることが判明。
食べるときにむせてしまうことがあるのを、フレーク状にすることで解決。
良質の植物性たんぱく質やポリフェノールなどを多く含む栄養豊富なきなこに、
子どもに不足しがちなカルシウムも加えて、同商品を完成させた。

売れている理由について「甘いふりかけが珍しいこと、
またパッケージの印象が強く人目を引きつけることがあるのでは。
甘いきなこながらふりかけらしくサク サクした食感なので、
アイスやヨーグルトにもトッピングできることも評価されていると考えられる」
(はごろもフーズ 経営企画部広報グループ 和泉孝明 氏)。

「食の細い子どもが、ごはんを残さず食べてくれた」
と喜ぶ母親の声が多く寄せられており、
同商品をおやつとしてそのまま食べる子どももいるという。

同社では2商品合わせ、2014年度中に40万8千個の売り上げを目標としている。

お勧めですよ!




当blogはFierfox 33.1で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。