Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

猫用テント? が売れている

鞄や椅子などを制作している倉橋孝明氏による個人ブランド、
41世紀から2014年5月、猫用テント「#catstudyhouse」が発売された。
「猫用のグッズは自分の好みにはかわいらしすぎるデザインが多く、
部屋に置きたいと思えるものがなかった。
逆に置きたいと思えるデザインのグッズは高くて手が出ない。
そんなとき、妻のロングスカートにやたら隠れたがる愛猫の様子から着想を得て、
自分で作った」(41世紀・デザイナーの倉橋孝明氏)。




「#catstudyhouse」-1

「#catstudyhouse」1万2800円(通常)、1万5800円(Largeサイズ)。
種類は「ワッペン 赤」「ワッペン 白」「ワッペン グレー」(通常、Largeサイズ共通)と
「ワッペン カーキ」(通常)、「ワッペン緑」(Largeサイズ)のそれぞれ4種類ずつ


「#catstudyhouse」-2

通常サイズは縦横が61×58cm、高さは37cmと標準的な大きさの猫が
すっぽり隠れるサイズ。
組み立て式。
竹と帆布でできていて指だけで持ち上げられる軽さだが、
力がかかる部分には牛革を使用するなどして強度を持たせている

完成した猫用テントに愛猫が入っている写真を画像共有アプリ「Instagram」に
アップしたところ、猫好きの知人たちから商品化を強く勧められた。
そこで愛猫以外も使うのか確認するため、他家でモニター調査をすると
猫たちの反応がよく、その写真を投稿した猫の飼い主それぞれのInstagram
フォロワーからも好評だったことから製品化。
渋谷ヒカリエで開催されたイベントのために、9800円のトライアル価格版を
25個用意すると、イベント途中で完売し、急いで増産。
最終的に2週間で53個、売れたという。
以降は1万2800円の通常価格版を41世紀のネットショップで販売しており、
絶えず注文がある状態です。

2014年9月にはペットグッズブランド「FLAVOR.」から、
服飾デザイナーの神山隆二氏とコラボレーションしたモデルも発売。
神山氏が自らシルクス クリーンでプリントした布を使用した
スタイリッシュなデザインで話題を呼んでいる。
さらに多頭飼いや大きい猫向けのサイズも用意し、2サイズで展開中です。

人気のポイントは、組み立て式なので畳めば非常にコンパクトになること。
指先で持てる軽さなので猫の移動にあわせて持ち運びでき、
常に飼い主の目が届きやすい所に置けること。
床を無くしたことで、猫の領域を侵害することなく設置でき、
どの家でも抵抗なく置けること。
そして隠れることができる部分と、オープ ンな部分のバランスが絶妙で、
飼い主からは中の様子がある程度わかり、
猫や小型犬はほどよくリラックスできる点だという。

購入者達がInstagramで猫が遊んだり休んだりしているところを自発的に
ハッシュタグ付きの商品名で投稿してくれるため、
そのタグが口コミカタログのように機能しており、
それを見た人の購入につながっているそうです。

ネコ好きの皆さまへ
お勧めですよ!




当blogはFierfox 30.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。