Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

描けば立体アートが作れる3Dプリントペン

文字や絵を描く感覚で立体アートを制作できる、
世界初の3Dプリントペン「3Doodler(スリードゥードゥラー)」が、
2014年4月にナカバヤシから発売された。




「3Doodler(スリードゥードゥラー)」-1

「3Doodler」1万6000円。
ACアダプタ、専用プラスチックフィラメント50本
(PLA樹脂25本、ABS樹脂25本) 入り。
本体サイズ187×37×37mm、本体重量130g


「3Doodler(スリードゥードゥラー)」-2

作成する物や方法にもよるが、
手の平に載るサイズのオブジェを作成する場合で
2~3本のプラスチックフィラメントを使うという








同商品の最大の特徴は、一般的な3Dプリンターのような
特殊なソフトや立体データが不要なこと。
専用のプラスチックフィラメントを本体に差し込み電源を入れたら、
あとは空中でペン先を動かすだけ。
熱で溶けた樹脂がペン先から押し出され、冷えて固まるため、
空中に立体アートが完成する。

同商品は、米国のクラウドファンディングサービス
(インターネット上で公開するアイデアに対し、賛同者から小口で資金を募るシステム)
の「キックスター ター」で集めた資金で開発された。
当初3万ドル(約300万円)だった目標金額に対し、
約200万ドル(2億4千万円)の資金が集まったというから、
どれだけこの製品の完成が熱望されていたかが分かる。
完成当初は、同サービスの資金提供者しか入手できなかったが、
ナカバヤシが日本国内における独占販売契約を結び、
日本での販売が可能になった。

同社によると発売前から問い合わせが非常に多く、初回発注分は約1カ月で完売。
当初の予想以上の売れ行きで、現在追加オーダー中だという。
ただし「油絵具があればだれでも油絵が描けるわけではないのと同じで、
使いこなすにはある程度の練習が必要。
慣れて使いこなせるようになっていく過程も非常に楽しい」
(同社)とのこと。

同社ではじっくりと新しい文化作りに取り組んでいきたい考えで、
販売店の店頭での実演や、ワークショップの開催
MoMAデザインストアで一般公募した作品の展示会を開催(予定)するなど、
作品創りの場の提供に積極的に取り組んでいく。

これはいいよね!




当blogはFierfox 30.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。