Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

「飲み頃」と「氷点下」に調温可能な携帯ビアクーラー

数年前から夏の風物詩となりつつある「氷点下ビール」や「フローズンビール」。
ケースの中にビール、氷、塩を入れるだけで家庭でも簡単にキンキンに冷えた
ビールが楽しめる卓上型の缶ビール冷却器が2014年5月22日に発売され、
人気を集めている。




「ストロングビアクーラー」 

氷が水になる時の融解熱、塩が水に溶ける時の溶解熱の相乗効果で、
短時間で効率よく冷却できる。
価格は3900円前後を想定

タカラトミーマーケティング(東京都中央区)の「ストロングビアクーラー」は、
本体のスイッチを切り替えることで約-2℃の「氷点下モード」と、
6℃前後の「飲み頃モード」の2つの温度に調節ができる。
ケースの中に氷(氷点下モードの場合は氷と塩)を入れると本体内部で缶が回転、
設定した温度まで冷やす仕組みだという。
冷やし始めてから「氷点下」は約7分、
「飲み頃」は約4分ほどと短時間で冷却できるのが特徴です。
サイズは約25×14×12cmで、 330、350、500mlの缶に対応。
単三電池3本使用し「飲み頃のビールを連続して40本ほど冷やすことができる計算」
(担当者)だという。
重さ約 480gなので、キャンプやバーベキューなどアウトドアでも使いやすい。

冷却機能に特化し、価格を抑えたことで買いやすさを追求。
さらに生活用品売り場に強い卸し売り業者と提携し、
従来同社が得意としていた玩具売り場ではなく、
ホームセンターの日用品売り場や家電量販店での流通が可能となり、
幅広い層に購入してもらえたことが売れている要因だと担当者は話す。

初年度目標は約3万個で、現在のところ順調に推移しているとのこと。

これからの季節にいいようね!




当blogはFierfox 30.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。