Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の話題

Posted by Azumi on   0 comments

シングルファザーが息子に3年間作り続けた弁当本が異例の売れ行き

マガジンハウスから2014年4月30日に出版された書籍
461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』が、発売後即重版、
完売する書店が続出する話題作になっているという。
マガジンハウス担当者によると
「発売後1カ月半で4刷、3万部と料理エッセイのジャンルでは異例の売れ行き。
映像化の話も舞い込んでいる」という。




『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』-1 
『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』
(渡辺俊美[著]/マガジンハウス/1500円)


『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』-2

渡辺氏は同郷である福島県出身のミュージシャンと結成した
「猪苗代湖ズ」として2011年のNHK紅白歌合戦にも出場した。
写真は一人息子の登生(とうい)くんと

著者の渡辺俊美氏はTOKYO No.1 SOUL SETのギターやボーカルを務める
ミュージシャン。
1人息子が15歳のときに前妻と離婚し、息子の高校受験失敗、
翌年の再受験による入学をきっかけに「高校3年間、毎日欠かさず弁当を作ること」を
息子と約束。
計461個の弁当の画像をネットにアップし続けた。
本著は、その写真と、弁当作りの思い出、愛用した道具までを紹介した書籍です。

冷凍食品を使わず低予算で済ませる、食材の旬や配色にこだわりつつ
「息子の好きな卵焼きは基本的に毎日入れる」など、
独自のこだわりや「週末に地方でライ ブし、月曜に徹夜明けで弁当を作ったり、
恋する息子のダイエットに協力した低カロリー弁当を作ったりと、
ほろりと泣かせるエピソードが多いという読者の声もある」(担当者)そうです。

エッセイや弁当の記録としてだけでなく
「空豆は蒸れて匂いが充満するので弁当には不向き」、
「3色ピーマンは価格の変動が激しいので買い置きして冷凍、砕いて使うと便利」
など、実際の料理に役立つ情報も多く掲載されている。

これはいいよね!
ぜひお読みくださいね




当blogはFierfox 30.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。