Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

無形文化遺産に登録され、世界中から注目を浴びる「和食」だが、
正当な日本料理にちょうせんするがごとく、
新時代の和食の台頭も目覚しい。
新たなる発想や技法を取り入れた先鋭の「新」和食が今、
世界に羽ばたく!

名割烹出身の新世代が思いを込める逸品への情熱


靭本町がく

Utsubohonnmachi Gaku


「日本はジビエの宝庫。最近は、ジビエも和牛も熟成させる楽しみもある。
多彩な表情がある日本の肉を使わない手はない」と、
割烹料理の名店『川』で研鑽を積んだ今川岳氏は言う。
はじめに供されたのは、月の輪熊の煮物椀。
味わいは、凶暴で野性的という熊のイメージとは真逆。
脂の精細な甘みが染みわたる優美な逸品である。
今川氏の「月の輪熊こそ、和のジビエの王様と評すべきと思います」
との言葉に共感させられたひと品です。
もうひとつ、力を入れる熟成肉の炭火焼きは、和牛以外に猪なども駆使し、
見事に素材を和に引き寄せる。
そんなアグレッシブな作品が単品料理でも充実。

「奇をてらわずとも、時代の感覚に素直に作れば、
自然に新しい日本料理になると思います」

その言葉に、今川氏の思いと隠れた自信が溢れていた。


(靭本町がく)-1

和のなかに北欧を感じさせるフロアも新感覚


(靭本町がく)-2

革新の一手
月の輪熊の沢煮椀

イメージに反し、月の輪熊はむしろ女性的と思えるほど、
透明感ある澄んだ旨みが醍醐味。
この日は福井産。
ピンクペッパーの香りが全体の風味を鋭く引き締める


(靭本町がく)-3

1.7週間熟成の、なにわ黒牛とイチジクの柚子味噌炭火焼き


(靭本町がく)-4

2.造りはサバのスモーク、ビーツ、天王寺蕪。
キレのいい柿酢ソースも斬新
単品料理も充実。
夜のおまかせも充実


(靭本町がく)-5

主人の今川岳氏。
法善寺『川』の煮方から、2013年5月に念願の独立を果たす


靭本町がく

住所:大阪府大阪市西区靱本町1-14-15
電話:06-6479-3459
営業時間:12:00~14:30/17:00~L.O.22:00
定休日:日曜・祝日
※要予約(昼は3名以上で前日までに要予約)




当blogはFierfox 28.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。