Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

無形文化遺産に登録され、世界中から注目を浴びる「和食」だが、
正当な日本料理にちょうせんするがごとく、
新時代の和食の台頭も目覚しい。
新たなる発想や技法を取り入れた先鋭の「新」和食が今、
世界に羽ばたく!


ジャンルの違いからアプローチする一歩先行く「WASYOKU」

Hiroya

ヒロヤ


飄々として見えるが、情熱と努力の料理人なのだろうと推測する。
フレンチをベースとした“Nippon Cuisine”をテーマに掲げるのは、
青山にオープンした『Hiroya』です。
シェフの福嶌博志氏がこだわるのは料理のジャンルではなく、
食材が持つ風味を生かすための調理法。
斬新な素材の組み合わせで、食べ手に感動と発見をもたらす。

南仏やベルギーのレストランでフレンチを、
帰国後は六本木『龍吟』で日本料理、
麻布十番『スリオラ』でモダンスパニッシュを体得してきた。
さまざまな経験を積むなかで、自分の店をやるなら枠に捉われずに
日本の食材を生かせる料理を作ろうと思うようになっていったという。

「伝統を継承しつつ、新しい料理を生みだしていきたい」

メニューではなく“献立”、カトラリーではなく“箸”、ワインはもちろん、日本酒も置く。
軸があるからこそ成立する、この店だけの美味を味わいたい。


(Hiroya)-1

シェフの福嶌博志さん。
国産食材を扱うことに徹底してこだわる


(Hiroya)-2

焼き白子とネギのヴァリエーション。
ソースはネギと鶏出汁、大和芋とローストしたネギで作るおやきも美味


(Hiroya)-3

松皮カレイとカブ。
皮で包んだカレイは身がしっとり。
カブは異なる調理法で。
風味と食感の違いを楽しませる


(Hiroya)-4

鉄鍋ご飯。
具材はほっき貝とキャベツ。
米は知り合いの農家で作っている「佐賀びより」を使用する


Hiroya
東京カレンダー


住所:東京都港区南青山3-5-3-101
電話:03-6459-2305
営業時間:18:00~L.O.翌2:00
定休日:不定休




当blogはFierfox 28.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。