Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

世界初! ドーム型の安眠グッズが“冷え”や“寝ぐせ”対策で人気
三菱製紙(東京都墨田区)は2013年10月から、
自分自身の呼気で保温・保湿して安眠に導く世界初の頭部カバー「マイドーム」を発売。
これまでの販売個 数は約1000個程度にとどまっているが、
携帯用コンパクトサイズの「マイドーム・パル」は2013年12月に全日本空輸の
ファーストクラス用アメニティーグッズとして採用(※期間限定)。
一部ホテルでもアメニティーとして採用されるなど、各方面から注目されている。




「マイドーム」 

この商品は、ドーム型の柔らかな不織布のカバー。
頭からかぶっても真っ暗にならずほどよく遮光できるうえ、
不織布のフィルター効果で花粉やホコリの侵入を防ぐ。
また自分の呼気がドーム内部で循環するため、ドーム内の湿度がアップし、
睡眠中の顔やのどの乾燥を緩和。
血流の多い頭部を保温することにより、体全体にまで温かさが波及する。
さらに湿度が高く静電気が発生しにくいため、
髪もしっとりしてまとまりやすくなるという。

発明したのは、三菱製紙のユーザーである
二口(ふたくち)印刷(大阪市西区)の社長さん。
同氏が酔って帰り、リビングで寝てしまったときに、
寒さしのぎに近くにあった紙袋を被って寝た。
その時、自分の寝息で紙袋内部が暖かくなり、そのうち身体全体まで暖かく感じ始め、
安眠できた経験から開発したという。

開発で苦労したのは、素材選び。布でドーム状にするには支えが必要で構造が複雑になり、
紙袋では通気性が悪いうえに摩擦音がして安眠しづらい。
ある時、三菱製紙の不織布製品(カレンダー、エコバック)に出合い、
「コシがあり、しかもソフトな感触でガサガサいわず、通気性もある」ことから、原型が完成。
2013年6月に三菱製紙と二口印刷が商品開発を含めた協業を開始し、
2014年4月から同商品を三菱製紙ブランドに統一している。

購入者からは
「就眠時、足先の冷えが軽くなり、靴下をはかずに安眠できた」
「乾燥肌が改善した」
「朝、髪がまとまりやすくなった」
「ぜんそくが楽になった」
「朝の喉のイガイガを感じなかった」といった感想が寄せられているそうです。

これはいいよね!




当blogはFierfox 28.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。