Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

無形文化遺産に登録され、世界中から注目を浴びる「和食」だが、
正当な日本料理にちょうせんするがごとく、
新時代の和食の台頭も目覚しい。
新たなる発想や技法を取り入れた先鋭の「新」和食が今、
世界に羽ばたく!

伝統を踏まえ、独自の解釈で和食を昇華させる旬店


お料理 さ行

Oryouri Sakou


六本木のネオン街から外れた路地裏で、店を構えて3年。
開業当時はランチこそ賑(にぎ)わうものの、夜は閑古鳥が鳴く日々が続く。
店主の佐藤正也氏は料亭『赤坂きくみ』で8年修業、
銀座『懐石川端』では料理長を務めた人物。
だが顧客名簿に頼らず独立したのだから、無理もない。

メニューはおまかせコースの正統派会席料理。
ところが2年過ぎ、徐々に客足が増えたところで一転、
すり流しをソースに見立てて盛りつけたり、味付けに澄ましバターを用いたりと、
料理が変化を見せ始める。
「も ともと、自分の店でしかできないことをやりたいと思ってまして。
和の基本を外すなんて修業先では許されませんでしたから」と佐藤氏は笑う。
そんな“遊び” がピタリとはまるのも、確かな基礎があってこそ。
以降店は繁盛、今や予約困難に。
嬉々として和食に新たな息吹をもたらす様子は、解き放たれた鳥のよう。
どこまで飛躍を遂げるのか、目が離せない。


(お料理 さ行)-1

奥はカウンター席。
兄弟ふたりで切り盛りする。
現在は夜のみ営業


(お料理 さ行)-2

革新の一手
すっぽんの冷製

中央はウニとすっぽん玉子豆腐。
周囲はすっぽん出汁(だし)を煮詰めて自然に固めたもの。
ここに熱々のすっぽんスープを注ぐとお椀のように。
乾燥させたネギや生姜のあしらいも斬新です


(お料理 さ行)-3

1.定番の胡麻豆腐。
空豆のすり流しをソース風に。
料理はすべておまかせコースより


(お料理 さ行)-4

2.焼き物盛り合せ。
ボリュームがあり、コストパフォーマンスのよさは秀逸


お料理 さ行
アメブロ


住所:東京都港区六本木7-6-6
電話:03-3478-5141
営業時間:18:30~22:30(前日までに要予約)
定休日:日曜




当blogはFierfox 28.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。