Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の旨いお店

Posted by Azumi on   0 comments

ここ数年のBistro旋風でCasual傾向にあったフランス料理界。
しかし、忘れていないだろうか?
特別の日だからこそ訪ねるべきRestaurantの存在を。
潮流とは逆行するように、華々しいGurannmezonnのオープンが続いている。
そう、今後のフランス料理界を牽引するキーワードは「普段使い」<「ハレの日」。
ハレの日にこそふさわしい、最高峰の料理とサービス、
空間を「心」躍らせる時間を作ろうじゃないですか。


RESTAURANT
DOMINIQUE
BOUCHET


レストラン ドミニク・プシェ


22歳でジョエル・ロブションの片腕として活躍。
その後『トゥール・ダルジャン』など、星つきレストランの総料理長を歴任、
名料理人の名をほしいままにしてきたドミニク・ブシェ氏。
30年来の親日家でもある氏が、
2004年パリ8区に開いたレストラン『ドミニク・ブシェ』に続き、
満を持して銀座に東京店をオープン。
“小さくて美しい 隠れ家”をイメージした空間は、シンプルでシック。
それでいてどこかドミニク氏の家に招かれたような温もりを感じさせる。

料理も単に新しさや驚きを求めるのではなく、
スペシャリテのひとつ「牛テールの煮込み」のように、
フォンドボーと赤ワインで煮込むクラシックなスタイルをとりつつも、
脂を小まめに取り除くなど、テイストは現代人に合わせて軽やかに仕上げる。
温故知新のエスプリから生まれるフレンチこそ、ドミニク氏が到達した境地だろう。


(RESTAURANT DOMINIQUE BOUCHET)-1


(RESTAURANT DOMINIQUE BOUCHET)-2

(RESTAURANT DOMINIQUE BOUCHET)-3

上:階段を降りた先にはメインダイニングが

下:シャンパーニュタイムも設けるカフェはシックな雰囲気


(RESTAURANT DOMINIQUE BOUCHET)-4

牛テールの煮込み「2000年ミレニアムカップ」
肉を骨から外してあるのもガストロノミーならでは。
頬張れば芳醇な味わいが広がる


(RESTAURANT DOMINIQUE BOUCHET)-5

帆立のカルパッチョ
トリュフ、ビーツ、アネットを添えて
黒トリュフとビーツをアクセントに帆立を味わう。
料理はすべてコースより


RESTAURANT DOMINIQUE BOUCHET


住所:東京都中央区銀座5-9-15 銀座清月堂ビルB1・B2
電話:03-5537-3290
営業時間:11:30~14:00/17:30~21:00
(カフェ17:00~22:00)
定休日:日曜・月曜




当blogはFierfox 28.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。