Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

米ぬか効果でかかとがしっとりする靴下

鈴木靴下(奈良県磯城郡)の「歩くぬか袋」は
米ぬか成分を練り込んだ靴下のシリーズです。
同シリーズの新商品「米ぬかシリコン」が2013年11月に発売さ れ、
早くもリピーターが続出しているという。
米ぬか化粧品を販売する酒造メーカー、日本盛からは約1万足もの発注があり、
2014年1月にはメディアで取り上げられ注文が急増した。




「歩くぬか袋」

写真は靴下を裏返した状態。
かかと部分に「米ぬかシリコン保湿シート」を採用した。
レディスは23~25cm、メンズは25~27cmを展開。
5本指タイプもある。
1260円

鈴木靴下の鈴木和夫 社長は、靴下製造のほか米の栽培も行う兼業農家。
通常米ぬかは廃棄されるが、子どものころ、
ぬか袋の油分で学校の廊下を磨いていたことを思い出し、
「米ぬかを使った靴下を作れば、油分と体重による摩擦で保湿され、
足裏の悩みを解消できるのではないか」と考え開発に至った。

歩くぬか袋シリーズには、和歌山県工業技術センターの
化学技術部長のアドバイスを得て開発した、
米ぬか成分を配合した糸で作った「米ぬか繊維SK」を使用 していた。
米ぬか繊維には肌の水分蒸発を防いで保湿し、
抗酸化作用・紫外線カットなどの効果が期待できる。
ただ、皮膚の硬さは足裏の部位によって異なるため、
特にかかと部分は、米ぬか繊維SKだけではケアしづらいという課題があった。
そこで、繊維に加え、米ぬか美肌オイルを配合したシリコン膜をかかと部分に
プリント加工した米ぬかシリコンを考案。
シリコン部分は300ミクロンという薄さなので、着用時は違和感がなく、
見た目も普通の靴下と変わらない。

「試作や肌試験など、開発には数千万円を費やしてきました。
着用後、指でかかとをこすれば、角質がポロポロと取れる人もいます。
効果は短期間で表れるのでは」と鈴木氏は話す。
最初の注文後、3日で追加注文した人もいるという。

同社サイトのほか、日本盛、Amazonなどの通販サイトで販売している。
今後は、かかとだけでなく、すねまでケアできる靴下も開発予定です。

これはお勧めです!




当blogはFierfox 28.0で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。