Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

ムースのような泡立つ醤油

食品販売会社 京の舞妓さん本舗(京都市中京区)は、
口の中で泡のように溶ける「舞妓さんの泡醤油」を開発。
醤油にだし汁と卵白などを混ぜ合わせて粉末にしたもので、
水を加えて泡立てて30分間冷やせば、ふんわりしたムース状になる。




「舞妓さんの泡醤油」-1


「舞妓さんの泡醤油」-2

「泡醤油(ご自宅用セット)25g×5袋」2100円。
「お試しセット(2袋)」1050円もある

泡醤油はその昔、京都の料亭で、
「お客様をもてなす舞妓さんの着物に、醤油がこぼれて汚れないように」
という料理人の心遣いから生まれたものと伝えられている。
その存在を知った同社の開発者が、
親族の会食で子どもたちが醤油をテーブルや服にこぼしているのを見て、
「家庭用の泡醤油があればいいのに」と考え商品化。
2013年11月から発売を開始した。

発売開始時点では同社の通販サイトのみで販売していたが、
好評を受け12月から福岡のデパートでも販売開始。
そのほか、大手スーパーや卸関係の会社から多数の問い合わせがあり、
「今後、ますます販路が広がっていく手ごたえを感じている」(同社)とのこと。

購入者からは「だしの味もついているので、そのままでもおいしい」
「水で溶かすだけではなく、レモンの汁で溶かすと焼き魚に合う」
「柚子の果汁で溶かすと鍋の薬味にいい」などの声が寄せられている。

これはいいよね!




当blogはFierfox 26.0.で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。