Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

文具好き女子大生が商品名を付けたフリーサイズのブックカバー

ステーショナリーブランド、ベアハウス(京都市)は2012年7月より、
さまざまな大きさの本に対応可能な「フリーサイズブックカバー」を発売。
カバー の上下幅を本にあわせて変えることができ、
本に巻きつけるように装着する独自構造なので、
小さな文庫本からハードカバーの新書、マンガ、
さらには分厚い辞書まで対応できるのが特徴です
(特許出願中)。




「フリーサイズブックカバー」

「フリーサイズブックカバー レザリッシュ」(1890円)。
本体サイズは445mm×280mmだが、
文庫本(150mm×106mm)からA5版(上製本/217mm×156mm)まで
カバーできる。
ノーホルマリン加工のため、肌の弱い女性や子供でも安心だという






使い方

各サイズの在庫をそろえる必要がないため、販売店からも好評。
特に2013年10月に、革のような手触りのポリエステル新素材を使用した
「フリーサイズブックカバー レザリッシュ」を発売したところ、
全国で500店舗近くまで取扱店が急増した。

同製品は、読書好きだった文房具クリエイターが、
書店でくれる紙のブックカバーの構造をヒントに開発。
ずれにくいように、0.7mmの極薄の特殊な面ファスナー(マジックテープ)を
つけるなどの工夫を加え、約2年かけて完成させた。
ちなみにレザリッシュという商品名は、Facebookで商品名を募集したところ、
文房具好きの女子大生が付けてくれた商品名とのこと。

これはいいよね!




当blogはFierfox 26.0.で閲覧してくださいね


2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。