Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

「逆転の発想」で生まれた真っ黒な消しゴム

トンボ鉛筆(東京都北区)は、ロングセラーのプラスチック消しゴム
「MONO」シリーズから、本体が黒色で使用中の汚れが気にならない
ブラックタイプ「モ ノ ブラック」を2013年10月10日に発売した。
「発売直後からマスコミや販売店からの注目度が高く、
これからの伸びが期待されている」(同社)。




「モノ ブラック」

「モノ ブラック(小/中の2種類)」
メーカー希望小売価格は小が63円、中が105円。
消しカスが黒色だと、目立つため
掃除や後始末がスムーズというのもメリットだという

同社が中高生の男女に消しゴムに対する不満の聞き取り調査をしたところ、
「字を消すと、消しゴムが汚れるのが気になる」という声が45.2%もあった。
その対策を検討した結果、「最初から黒くすれば汚れが目立たないのでは」、
という逆転の発想で、消しゴムの基材に黒色顔料を主とする
色材を混入して黒色に仕上げた。

しかし消しゴムは、少しでも配合を変えると、消字率に大きな違いが出る。
また消し心地(タッチ)も従来のモノ消しゴムと同様にしなければならない。
調整を重ね、消字率もタッチも変わらないものを完成させた。
ちなみに消字率は96%(日本字消工業会の定めに準拠)で、
市販されているブラックタイプ字消しの中でトップクラス。
紙ケースのデザインは、モノの標準性能を確保していることをメッセージするため、
従来のモノ消しゴムと同様のデザインを踏襲した。
サイズ違いで2種あり、年間販売目標は2種合計で約200万個、
約1億5000万円(小売価格)。

※通常の使用においては問題ないが、
インクジェット専用紙等の紙の種類によっては紙面を黒く汚すことがある。
(ご注意ください)

これは使えますよね




当blogはFierfox 25.0.で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。