Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

大阪発! 豆3種×具材5種からカスタマイズできる“納豆BAR”

納豆といえば3個パックなどで販売されているものが普通だ。
そんな納豆の基本スタイルを裏切る商品が
小金屋食品(大阪府大東市)より発売された。
BARでカクテルをカスタマイズするように、
納豆もカスタマイズするというコンセプトの“納豆BAR”シリーズです。
2013年6月から発売を開始。
大阪では初とな る百貨店地下催事場(梅田阪急本店)での納豆店単独の催事を行い、
現在も基本的に百貨店などでの催事でのみ販売している。




「“納豆BAR”」

80gで1個262円。
写真は女性にとくに人気なねり梅

個食のニーズの高まりを受け、小金屋食品 代表取締役 は、
納豆もレパートリーを増やせばもっと楽しめるのではないかと考えた。
そこで家族それぞれが自分好みの納豆を選び、楽しむ場を提供するべく、
納豆BARでは3種類の豆(大粒・小粒・ひきわり)と
5種類の具材(うずら卵・おぼろ昆布・ねり梅・みそ・しそ)、
合計15種類の中から自分好みの納 豆を選べるようにした。
実際には全種類買う人が多いが、とくに人気なのがねり梅とおぼろ昆布です。
おぼろ昆布は納豆と絡まりにくいので「納豆用おぼろ昆布」 を使用するなど
納豆に最適な素材を使っうこだわりようです。

また、同商品は関西ならではの思い入れもある。
同社によれば、関西ではやわらかめの豆で、
“つゆだく”の納豆が好まれる傾向があるそうです。
そこで納豆 BARには80gの納豆に対し、5種類のトッピングとは別に、
8gの化学調味料無添加の白しょうゆをベースにしたタレを全種類に付けた。
このタレは、当初は味が濃く、関東向けだったものを、メーカーと試行錯誤し、
主流の納豆ではあまり使用しない小麦が原料の白しょうゆベースのものを採用。
関西ならではのだしが効いた薄味は、
風味も豊かで大豆の味をより引き立たせていると好評です。

関東から来た購入者からは
「関東ではあまりいい納豆がなかったが、
納豆BARシリーズを知ってはじめておいしい納豆に出会えた」
というメールも寄せられたという。
またこれだけの種類がある納豆は見たことがない!という購入者も多く、
その珍しさから手土産用に購入する人も多い。
「納豆は“ごはんのおとも” だったが、好きな味を選んだり、贈り物にもしてもらいたい。
そういう納豆を関西から全国へ広めていきたいと思う」
(小金屋食品 代表取締役)。

関西地区にお住まいの方へお勧めです
また、関東地区にお住まいの方が関西のお越しの際には
おみあげにどうぞ !




当blogはFierfox 25.0.で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。