Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

3つのルールで美文字になれる“六度法”の練習帳

パソコンの普及で文字を書く機会が激減し、
字を書くことに苦手意識を持つ人が増えているという。
そうした風潮を反映してか、「中居正広のミになる図書館」 (テレビ朝日系)で、
美人書道家がゲストの文字の美しさをジャッジする「美文字大辞典」が大人気。
書店では、美文字本の動きがいいという。




「六度法美文字罫ノート」

10月に発売予定の「六度法美文字罫ノート(監修:富澤敏彦)(262円)。
日常的に使っているうちに自然に「六度法」が身に付くのが特徴

そんな中、国語教育の専門家・富澤敏彦氏が考案した「六度法」という
“整字術”が身に付く練習帳が、数年前からじわじわ売れている。
富澤氏は、約1400 年前の中国でつくられた石碑から見つかった「完璧な楷書」
と言われる文字を分析し、たった3つの法則に集約できることを発見。

「右に六度上げる(右上がり六度法)」
「右下に重心をかける(右下重心法)」
「間隔を同じにする(等間隔法)」という3つのルールに従うだけで、
漢字、平仮名、片仮名が、縦書きでも横書きでも美しく書けるようになるという。

ショウワノート(富山県高岡市)では美文字ブームが盛り上がり始めた時期に、
富澤氏とともに商品の開発を進め、
2009年に「六度法マスターノート」 (262円)を発売。
好評につき「六度法履歴書(B5判)」(315円)、
「六度法履歴書(A4判)」(472円)、
「六度法レッスンパッド」(315 円)などのシリーズ新商品をほぼ毎年発売している。
2012年10月には、小学生で習う漢字1006字がきれいに書けるようになる
小学生用の練習ノート 「六度法 漢字の練習シリーズ」(各315円)も発売し、
順調に売り上げを伸ばしている。

この人気の高まりを受けて、2013年10月に発売されるのが、
六度法美文字罫ノート」(横罫7ミリ幅)です。
これまでの練習帳からさらに汎用性を高め、
一般的な横罫のノートとして日常的に使いながら、
美文字が修得できるように工夫している。
わざわざ練習の時間をとらなくても自然に美文字が身につくので、
さらに人気が高まりそうです。

文字の美しい人はいいよね!




当blogはFierfox 24.0.で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。