Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

歌舞伎座で連日完売の“振って点てる”ペットボトル抹茶

緑茶関連商品メーカー・ジャテックス(愛知県名古屋市)から発売された
高級志向のペットボトル抹茶飲料「遥香(HARUKA)」が売れている。
2013年 4月2日にリニューアルオープンした歌舞伎座で販売を開始。
1日200本限定だったが、連日14~15時頃には完売。
5月2日からは、メーカーのホーム ページや
全国の百貨店などでも取り扱いが始まり、
日本橋タカシマヤでは発売1週間で約800本という
好調な売れ行きを見せている。




「遥香(HARUKA)」

喉を潤す目的ではなく、抹茶を味わってほしいというコンセプトがあるため、
ペットボトル飲料としては珍しくグラスもついている

この商品の最大の特徴は、抹茶と水が分離した状態でパッケージされていること。
完全密封された独自製法の「フレシエキャップ」に入った抹茶が、
キャップを 捻ることでボトルに落ち、中の水と混ざる。
開封する直前までそれぞれが混ざることがないので、
保存料を一切使用していないにもかかわらず、常温でも賞味期 限は8カ月と長く、
いつでも碾(ひ)きたての豊かな風味が味わえる。

茶葉は福岡県八女・星野の伝統本玉露製法で作られた高級抹茶、
水は伊吹山系から採水。
価格は200mlで500円と少し高めです。
ジャテックス広報担当者によると、社内では全国販売に際し、
まったく売れないのではないかという心配の声があがった。
しかし、フタを開けてみると、前述の日本橋タカシマヤで の売れ行きに加え、
ホームページとフリーダイヤルの通信販売でも注文が相次ぐなど、
予想以上の反響があるという。
ユーザーからは「本格的なお抹茶がこれだけ手軽に味わえるのはありがたい」
という声も寄せられている。

現在通信販売では、飲んだ人がリピート購入をしたり、
ギフト用途に購入することが多く、1人あたり平均10本は購入しているという。
お中元シーズンを前に、さらに売れ行きを伸ばしそうです。

これはいいよね!




当blogはFierfox 22.0.で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。