Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   1 comments

簡単に自家製バターが作れるキット

調理にかかる時間を短縮できるキッチンアイテムがヒットしているが、
次なるブームは簡単かつ新しい味を作れるアイテムかもしれない。
そんなアイテムのひとつが、自家製バターを作れるキット
HOMEMADE HAPPY ふんわりバタークック」です。
東洋アルミエコープロダクツ(大阪市)が2012年11月20日に
発売した商品だが、わずか10日ほどで品切れになる人気となっている。




「HOMEMADE HAPPY ふんわりバタークック」
ふんわりバターのほか、マヨネーズ、ドレッシングなど6種類のレシピカード、
レシピによって使うかくはんスプーン、本体を分解して保存容器にした際に使う
シリコーン製のフタ2つがセットで1980円。
カラーはホワイトとグリーンの2色

バターを家庭で手作りするには、市販の生クリームを用意し、
容器に入れてかくはんする。
このアイテムは、通常10分程度かかるかくはん作業を
3分から5分 に短縮できる。
その構造のポイントは、容器の中心部をくびれさせたところ。
中に入った液体が複雑な動きをするため、
筒状のものに比べて早くかくはんできる。
容器に生クリームを入れ、中の液体が動かなくなるまで3分ほど振ったら、
30分間冷蔵。
完成したバターはそのままパンに塗って食べられ、
ジャムや蜂蜜などを混ぜてオリジナルのスプレッド(塗り物)も作れる。

同社コンシューマー事業部企画開発部の担当者によると、
開発のきっかけはホームベーカリー人気の高まりからだった。
「せっかくの手作りパンなのだから、 こだわりのスプレッドをと考えました。
当初ふつうのバターを手作りするものを考えていたのですが、
ただかくはんし、水分を分離させてできたバターは作りたてだと
ソフトでおいしいのですが、冷蔵庫で保管しておくと
市販のバターと変わらない味に。
それは、高い生クリームから手間をかけてわざわざ作るものではありません。
私が好きな大阪にあるフレンチカジュアルの名物のリンゴとレモンのバターと
同様のものを提案すればお客様に喜んでいただけるものになると考えました」と
同社コンシューマー事業部企画開発部の担当者。

2012年11月20日の発売後、同24日の深夜にテレビの情報バラエティー番組で紹介されたこともあり、およそ10日後の11月末には初回ロット 2000個が完売。
同社のこのカテゴリーの商品はこれまで立ち上がりが遅く、
月間で2000個程度と見込んでいたところでのうれしい誤算。
半月以上欠品状態となっていたが、
12月中旬から再び店頭に順次出荷されている。

これは使えますよ




当blogはFierfox 17.0.1で閲覧してくださいね

Picture
スポンサーサイト

Comment

まゆみ says... "相互リンク"
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://site-ranking.jp/
2013.01.04 18:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。