Azumi's nonsense

音楽は生活の一部です♪

スポンサーサイト

Posted by Azumi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のNETで見つけた一品

Posted by Azumi on   0 comments

2010年夏の猛暑の影響で、今年は花粉の当たり年といわれている。
スギ・ヒノキ花粉の飛散開始時期は関東・甲信地方では例年よりもやや早い
2月上旬で、 飛散量は昨年の2~10倍に。
近畿や東海地方の一部では10倍以上になるとも予測されているので、
早めの花粉対策が必要です。

花粉症対策家電としては「空気清浄機」が一番に挙げられるが、
2009-2010年の秋冬は新型インフルエンザの流行もあって
除菌機能に注目が集まり、 “除菌合戦”の様相を呈していた。
それに対して2010年-2011年モデルでは、
空気清浄機の本質ともいえる「集じん機能」が見直されている。
短時間で 効率的に室内の空気をたっぷりと吸い込み、
本体のフィルターでこし取ってきれいな空気を送り出すという
原点に立ちかえっている印象です。
これは、花粉症対策 としても心強い。

そこで「空気清浄機」を数回に分けて紹介しますね


高速集じんと3層フィルターで高い除去率
日常の手入れなしでも性能を維持
ブルーエア「650E」「450E」「270E」

2010年3月に日本で販売が開始されたばかりの
スウェーデンメーカー・ブルーエアの空気清浄機は、
39畳の部屋を12分で清浄にする
(フラッグシップモデルの「650E」タイプの場合)というスピードと、
「HEPA Silent」テクノロジーを採用した3層のフィルターによる
高い除去率が特長。




「650E」
ブルーエア「650E」(実勢価格11万9700円)


「450E」
「450E」(7万9800円)


「270E」
「270E」(5万4600円)

部屋への出入りや建築基準法による換気規定
(1時間で室内の半分以上を入れ換える)などで
部屋には常に汚れた空気が流れ込むため、
「空気を高速で繰り返し吸い込み、
フィルターでしっかりこし取ったきれいな空気を吐き出すことが何より大切」
というのがブルーエアの考え方です。

スウェーデンはフィルター技術の高い国として知られているが、
その理由は第2次世界大戦時に旧ソ連の攻撃から
スウェーデン兵士の身を守るために、
フィル ター技術などの核・生化学兵器(Atomic/Bio/Chemical)に対応する
技術の開発が進められていたことにあるという。

ブルーエアの空気清浄機は、こうした高いフィルター技術を生かし、
3ステップHEPA Silentフィルターを開発。
メッシュサイズが異なる3層のフィルターをプラスに帯電させ、
マイナスイオン化されたハウスダストや花粉、
カビ菌などの汚 れを静電気の力でフィルターに吸着させることで、
0.1ミクロン以上の粒子を99.97%除去しながらも、
目詰まりせずに大風量が持続する。

日本では水洗いなどの手入れをすることで10年間フィルターの交換が不要、
という製品が多く、各社は維持費がかからないことをアピールしている。
一方、ブ ルーエアはきれいな空気環境の維持のために
半年に1回のフィルター交換を推奨。
年間で1万2600円~2万1000円のランニングコストがかかるものの、
日常の手入れは一切不要だそうです。

北欧メーカーならではのシンプルで高級感のあるデザインも目を引く。
花粉以外にもハウスダストなどのアレルギーに悩んでいる人が増えている今、
年間を通じて清浄な空気にこだわりたい人向けの
高級空気清浄機といえるのではないでしょうか。

お問い合わせ先:ブルーエア





当blogはFierfox 3.6で閲覧してくださいね

2628060062_0e64779a6c_o
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。